生物のおもしろい一面や飼い方について紹介中☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年03月30日 (日) | 編集 |
夜行性のチクシトゲアリは
昼間はほとんど外に出てきませんが
夜中に見に行くと
どっさり出てきて徘徊しています(笑)


今宵は餌として入れたレッドローチにご執心でしたw

チクシ
スポンサーサイト


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年03月28日 (金) | 編集 |
先日のアズマヒキガエルの胚は
たった3日でここまで成長しました(@@)
あんまり成長が早いので、驚きました(^^;)

オタマ

ところで
オタマジャクシのエラは内部にしまい込まれていますが
この時期の胚では外に飛び出してるんですね◎

サンショウウオの幼生にそっくりです(^^)


ちなみに、横から見ると
マナティみたいな顔しています(笑)

オタマ2


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年03月27日 (木) | 編集 |
おこじょは重度の花粉症患者で
毎年この時期はひどい目に合っています。

ですが、今年は最強の花粉症対策を実行できているため
へっちゃらです(^^)v

最強の花粉症対策ってなんやねん!?って話になると思うので
ご紹介しておきますと
【外にでない】です(笑)


外に出なければ、花粉を吸引してしまうことも
花粉が目に入ることもありません♪

今は花粉飛散のピークだと思いますが
ほぼ無症状で済んでいます◎

実際に実行できる人は滅多にいないと思いますが
極力外出を避けるだけでも相当の効果があるはずです(^^)b


追伸:
本当の意味での最強の花粉症対策は
花粉のない地方に旅行に行き
完全に花粉に暴露されないことだと思います(^^;)


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年03月25日 (火) | 編集 |
ヒキガエルの卵を回収してきました◎

思いのほか、成長が進んでいて
かなり形が出来上がっていました♪

かえる1

驚いたのは
この状態で顔の方から尻の方に向けて
水流を起こしていたことです。

おそらく、呼吸をしていたんでしょうが
どうやって水流を起こしていたのか等々
謎がいっぱいです(@@)

エラやポンプのように脈動はしていなかったので
繊毛か何かで水流を起こしていたのかもしれません。


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年03月23日 (日) | 編集 |
先日から散発的にヒキガエルの産卵が続いています◎

カエルに限りませんが
水中にいると重力の制約がなくなるので
結構無理な姿勢になる生き物が多いように思います(^^)

ヒキガエル

自由な姿勢で浮かんでいるカエルを見ると
彼らも水に入ると開放的な気分になったりするんだろうかと
気になってしまいます(^^)


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年03月22日 (土) | 編集 |
シロマダラというヘビは
日本の本州ならそこそこの田舎なら棲息しているヘビです。

ですが、夜行性なことと
棲息密度が低いことが原因で
ほとんど人目に触れることはありません。

野山をかけずり回っているおこじょも
生きた野生の個体を見たとこはありません(^^;)

そんなわけで
いつかご対面できる日を夢見て過ごしています。


さて、そんなおこじょが昨日大学の同窓会に参加した折のこと
相棒からステキなプレゼントをもらいました◎

シロマダラ

これはシロマダラの礫死体です。

もちろん生きているに越したことはありませんが
これは標本として保存することができるので
かなり嬉しいプレゼントと言えると思います◎ (^^)v

持つべきものは
感性の合う友ですね♪


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年03月19日 (水) | 編集 |
今日の隣の席に座っていた
小3くらいの女子小学生2人組の会話内容です。

【その1】
お父さんに、お父さんは昔、何部に入ってたと思うって聞かれたから
「デブ」って答えたら、怒られちゃったw

まぁ、これは小学生らしい会話である。


【その2】
<前略>
女の人は、40歳くらいまでに子ども作らないと厳しいって言うもんねー

え、そんな会話するんかい!?(^^;)


【その3】
お父さんはいつも家で偉そうにしてて
「一家の大黒柱はお父さんなんだからな」
とか言ってるんだけど
本当の意味での大黒柱はお母さんだよねー

お、おっしゃる通り(;^_^A
なかなか核心を突いてきますね σ(^_^;)


おこじょが小学生の頃
そんな話ちっともした覚えがありません。
時代が変わったからなのか
東京という土地柄のせいなのかわかりませんが
クレヨンしんちゃんのネネちゃんを彷佛とさせる会話内容に
興味津々のおこじょなのでした ≧(´▽`)≦


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年03月17日 (月) | 編集 |
先日、クローン技術を研究されている方のセミナーで
クローン牛を食べさせてもらいました!

まず、クローン牛とはなんぞや? という話からしますと

クローン牛は
牛の体細胞を採取し
その核を牛の卵細胞に入れて
発育させて得た牛のことを言います。

そんなもの食べて大丈夫なの?って
心配になる方もいると思いますが
間違いなく安全です!

ようは、一卵性双生児を
人為的に作ったってだけのことですし
マウスに大量に食べさせまくっても
全く問題ないことも確認されてます。


次に、なんでクローン牛なんて作るのかというお話。

クローン牛の応用性は極めて広いのですが
【食べる】という点に着目すると
おいしい肉質の牛を量産できるというメリットがあります。

牛は品種によって、ある程度の肉質が保証されていますが
その中でもやはり良い牛もいれば、悪い牛も存在します。
この牛ごとの形質のバラツキは現状ではどうしようもないものです。

しかしクローン技術を用いれば
奇跡的に得られたとても良い肉質の牛のクローンを量産することで
これまで低い確率でしか得ることのできなかった
最高級の牛を大量に生産することができるようになります。


つまり、クローン牛はかなり良い肉なんです(^^)

今回の試食会で出された肉は
【A-4】等級といういいお肉でした(^〜^)

※牛肉の等級はA、B、Cの3等級にそれぞれ5段階の格付けが存在し
 15段階で評価されます。
【A-4】は上から2番目の評価です。

うし

サシの良く入った霜降り肉ですね☆


うし1

はにゃんと軟らかく、おいしいお肉でした♪(^〜^)v


早く消費者の理解を得て
市場に出回るようになるといいなと
願うばかりです◎


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年03月14日 (金) | 編集 |
今日は餌用に飼育しているレッドローチの
間引きを行いました。

これは長期間飼育していると
どうしても大きな個体が増えてしまい
小さな個体が増えられる余裕を奪ってしまうので
大きな個体を間引いてやる必要が出てくるためです。

間引きのために大量にゴキが集められている様は
ちょっとお見せできるものではないので(笑)
今日はレッドローチの雌雄を紹介するだけに
とどめておこうと思います(^^)b

まず、こちらがオスです◎

ゴキ2

いわゆる【ゴキブリ】の形をしていますが
日本に出没するゴキブリと比べると
脂ぎった感じがなく、マシな見た目だと思います(^^)b


次に、こちらがメスです☆

ゴキ

レッドローチのメスには翅がありません。
基本的にオスが分散するようで
ほとんど移動しないメスでは
翅が退化してしまったようです。


こういう明確な性差が見られる種は
自然と興味をそそられます♪


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年03月13日 (木) | 編集 |
この時期、雨が降る直前に
ガマガエルが交尾をしにやってきます。

先日、池にカモを見に行ったのは
実は交尾に来ているのではないかと
推測してのことだったんです(^^)

結局、その日は来ていませんでしたが
昨夜になって、ドッサリ現れ
池の周りはカエルだらけに!

ガマ3

池の中に入るまで待ちきれずに
外で交接している個体までいました(^^;)

ガマ2

ちなみに、カエルのオスは
メスくらいの大きさのものになら
何でもしがみついて交接しようとします。

試しに手にしがみつかせると、この通り!

ガマ

かなりの力で必死にしがみついてくるので
なかなか引きはがすのには苦労させられました(^^;)


彼らの子ども達が元気に育つことを祈るばかりです◎


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。