生物のおもしろい一面や飼い方について紹介中☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年05月29日 (木) | 編集 |
とある森にフクロウの幼鳥がいるということで
W先生に場所を教えてもらいながら
写真を撮ってきました!

フクロウ1

かなり高い木の上にいるので、お尻しか撮れず・・・

たまーに、チラッ☆と顔を見せてくれるのですが・・・

フクロウ2

こんなんで、引き下がれるかーい!!
って感じなので

粘って、遠くから撮影を試みたり

フクロウ3

でも、後ろ姿しかとれなくて・・・


いろいろ試した結果
ほぼ同じ高さまで登ることで
ついに奇跡の一枚を撮影することに成功しました☆

フクロウ10

眠そうな表情がかわいらしいったらありゃしない .*:+。ヽ(o´∀`o)ノ。+:*.゚

健やかに育ってくれるといいですね♪
スポンサーサイト


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年05月27日 (火) | 編集 |
ヤマブドウの花が咲きました☆

hana.jpg

花・・・?
って感じですね(^^;)

なんとも慎ましやかな花ですが
昆虫にはかなり人気で
アブやハチの仲間がいっぱいきます♪

たぶん、うまそう匂いがするんだと思います◎


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年05月24日 (土) | 編集 |
ミツバチは結婚飛行の時期を迎えました◎

オス蜂の実験をできるのは
今から1ヶ月ほどしかないので
実験は最盛期を迎えています。

托鉢のお坊さんみたいなのが
ハチで実験をしているHくんです(^^)

H.jpg

巣口に変な装置を設置したために
巣に戻ってきた働き蜂がまごついて
巣口の前で右往左往することになり
巣口前だけハチだらけになっていました(^^;;)

人間には無関心なのが救いです(苦笑)


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年05月20日 (火) | 編集 |
庭の柿の木に
アマガエルが隠れていました。

あま

ご高齢なのか、シワシワですね(^^;)

カエルは蛾やら、ハエやら食べてくれるので
優遇しています(^^)v


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年05月18日 (日) | 編集 |
実家の庭をウロウロしていたときのこと
どこからともなく、ゴリゴリ妙な音が聞こえてきました(@@)

クマ

音のする方には、このカキの枯れ枝があるだけ・・・

注意深く観察すると
この枝の矢印の部分に、直径1.5cmくらいの穴が空いていました。

くま2

クマ3

穴は枝の先端方面に向かって伸びていて
何がゴリゴリいっているのかはわかりませんでした。


しかし!
この穴の直径!
ほぼ真円の形状!!
この季節!!


以上3つから考えて
ほぼ間違いなく、クマバチが巣を作ってるんでしょう◎

無事、このまま営巣を続けてくれるなら
シャッターチャンスもいずれ訪れるはずです♪


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年05月16日 (金) | 編集 |
おこじょは実家の庭にヤマブドウを生やしています。

緑のカーテンとして夏には大活躍し
秋には実をつけて楽しませてくれるので重宝しています☆

今年も大量につぼみを付けていて
豊作が期待できそうです(^〜^)v

やまぶどう


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年05月14日 (水) | 編集 |
この季節田んぼに行くと
ヤマカガシという毒蛇によく遭遇します。

カエルを主に捕食するヘビなので
田んぼはレストランみたいな場所なのでしょう。

ヤマカガシは牙と首の2カ所に毒を持っており
敵に襲われた場合の護身戦略も2段階で行われます。

【1段階目】
首のところの毒を用いて行われます。
首の毒は圧迫されると飛び出すタイプの毒なので
首の部分を膨らませて目立たせ
攻撃をこの部分に誘導します。
(首の真っ赤な色自体におそらく威嚇効果があります)

ヤマカガシ

目に入ると失明することもあるらしいので
ネコとか、トリに対して効果的な防御なのでしょう。

【2段階目】
首の毒にもひるまずに攻撃を続行した場合
噛み付いて毒を注入してきます。

大きいヤマカガシに噛まれると
成人でも稀に死亡することもあるくらい強力なんだとか。


こう話すと恐ろしい毒蛇ですが
積極的に攻撃してくるわけではなく
威嚇をして警告してくれるわけですから
よくよく考えればかなり温厚な連中とも言えます。

接し方を学んで
余計な争いをせずにつき合って行きたいとこですね◎


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年05月12日 (月) | 編集 |
野生のメダカを発見しました◎

メダカ

背景に隠れる迷彩色が見事です(^^)

メダカ2


ところで
野生のメダカが激減してるという話が取り沙汰されてから
随分と時間が経ちました。

こういう話を聞くとメダカはどこに行っても
全然見つからないレアな生き物になりつつある!
と思ってしまいますが
実際はそうではありません。

メダカの場合は生息地の破壊による個体群の消失や減少が起きており
それが問題とされています。

つまり、メダカが全然いない場所が増えてしまっているものの
いるとこに行けば、ウジャウジャいるってことです。

でも、ある場所にいっぱいいるから
それでいいというわけではないのが
ややこしいことろ(^^;)

つまり、保護団体の池や水槽で
大量にメダカが繁殖していたとしても
問題の解決にはならないってことです。

絶滅危惧種の保護に携わる方々は
地域個体群の消失を食い止めて
多様性を維持することの重要性と
そのための方策を
もっと説明していくべきと思っています。
(もちろん説明をしているのも知ってますが
 一般市民にいまいち浸透していないので)


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年05月10日 (土) | 編集 |
今日はカナヘビを見つけました◎

カナヘビ

凛々しい顔つきがなかなかにかっこいい子です(^^)

私の在籍している大学では
数年前までカナヘビとニホントカゲが同じくらいの数いたのですが
段々とニホントカゲに押されて
今ではほとんど見かけなくなってしまいましたorz

見かけ上はあまり大きな環境変化はなかったように思いますが
じわじわとニホントカゲに有利な条件になってしまっていたようです(><)


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2014年05月08日 (木) | 編集 |
石をひっくり返すとダンゴムシが脱皮していました◎

ダンゴムシ

こんな時にしか思い出すことはありませんが
ダンゴムシはお尻側の半分だけ先に脱皮し
その数日後に頭側の半分を脱皮するんですよねー。

で、話は飛びますが
ナウシカに出てくる王蟲は
見た目は明らかにダンゴムシ系ですが
脱皮の仕方は背中から抜け出るタイプとして描かれています。

脱皮の様式は分類学ではかなり重要な形質なので
それを加味すると
ダンゴムシのような外見に収斂しているが
分類群としては昆虫に近いってことになりそうです。

とはいえ、作中でも言及されている通り
王蟲は人工生物の類いなので
もはや系統とかの話をすること自体
ナンセンスなのかもしれません(^^;)


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。