生物のおもしろい一面や飼い方について紹介中☆
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



2016年03月22日 (火) | 編集 |
春ですね〜
4月〜5月頃に
ムクロジの木の下を捜索すると
ヨコヅナツチカメムシという
国内では最大のツチカメムシに出会えます。

かめ7


このカメムシは口吻をムクロジに突き刺して
中身を溶かして食べます。
かめ6

飼い方を確立させたのでご紹介します☆

【飼育ケース】
一辺が15cmくらいのプリンカップやプラケースに
湿らせた土を2cmほど敷いてあげれば飼育できます。

かめ4

土は何でも良く
ヤシ殻土・腐葉土・その辺の土で
問題ないことを確認済みです。

※乾燥に弱いので
 空気穴くらいしか穴がない容器が適しています。

【飼育環境】
 飼育場所:直射日光の当らない室内
 飼育温度:0〜30℃

【飼育管理】
 週に1回くらい
 土が乾燥しないように
 霧吹きで土を湿らせます。

 乾燥に弱いので
 土の湿り気だけは注意が必要です。

【エサ】
 ムクロジの実だけで飼育できます。

かめ3

 捕まえた場所の近くに
 きっと落っこちているはずです。
 腐ってなさそうな見た目の綺麗な実を
 収穫してきましょう。

 給餌頻度:週に1〜2個ずつ

 飼育容器の中に転がしておくと
 群がって食べ始めます。

 かめ2

※長期飼育をするのであれば
 春〜夏にまとめて実を回収しておくこと。

【繁殖】
4匹以上一緒に飼育しておくと
おそらく雌雄が両方いますので
交尾し、産卵します。

卵は薄黄色で
長径2mm程もある大きな卵です。
かめ5

卵を成虫から隔離してあげる必要等はなく
成虫と一緒に管理しておけば
勝手に幼虫が孵化してきます。

かめ


◎総評◎
ムクロジの実さえ
充分に手に入るのであれば
飼育はすごく簡単♪

継代もできるし
なかなか飼っていて面白い種です(^^)b


ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 その他ペットブログへ にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ にほんブログ村 その他ペットブログ ヤモリへ
クリックして応援よろしくお願いします☆


ご訪問ありがとうございました о(ж>▽<)y ☆



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。